スポンサードリンク

今回、娘が4歳にして初めてプールへ行った我が家ですが

悩んだのが

浮き輪や、アームリングの必要性でした。

 

浮き輪は買うとしても

アームリングは必要なのかどうかなど、とても調べました。

 

娘はすでに4歳。

アームリングって娘よりも小さい子がつけるイメージがありました。

(4歳でも小さいんですけどね…笑)

買っても嫌がって付けてくれないかなぁ…とも悩んでいたのですが

 

結果、我が家は浮き輪もアームリングも大活躍しました!

 

今回、初めてのプールで使った浮き輪は100円ショップのセリアで買ったものです。

アームリングは、1000円以下のものにしました。

 

プールへいってみての感想も踏まえつつ、

おススメかどうかをこれから紹介していきますね!

 

スポンサードリンク

100円浮き輪のメリットデメリット

※当日の娘の様子

 

ディズニープリンセスが大好きな娘、たまたまセリアでこの浮き輪をみつけ

 娘ユメ
これ買ってーー!!!

 

と大騒ぎ Σ(゜□゜;)

 

そもそも100円で浮き輪が売られていることも知らなかったので

本当にびっくりしました(^^;

ちなみにアームリングも販売していました♪

 

でも100円の浮き輪ってどうなの?安全面とか…

不安になりつつ、欲しがっているのでダメ元で一度購入してみることに。

 

そして実際に使ってみたうえで

100円浮き輪のメリットデメリットを並べてみました。

メリット

価格が安い

●いろんなキャラクターの浮き輪があるので、子どもは大喜び!

デメリット

●吹き込み口が狭く、ふくらますのに時間がかかる
 
●時間がたつにつれ、しぼみやすい
 
●やはり素材は薄いので破れやすそう。。という安全面での不安
 
●対象サイズは7歳からと大きめ

並べてみると、デメリットのほうが多くなりましたが、

 

我が家としては

初めてのプールで使う分には十分だったかな、と感じました。

 

デメリットにある安全面や浮き輪の大きさですが、

もともと初めてのプールで不安なこともたくさんあったので

事前に、スポーツ店でアームリングを購入していました。

 

もし100円の浮き輪が破れることがあっても

アームリングをしているので溺れることはないだろうという結論になりました。

(結果、浮き輪が破れることも溺れることもありませんでした)

 

ですが、

アームリングを買わずに100円の浮き輪だけでプールへ行くこと

 

安全面や浮き輪の対象年齢の面からしても

初めてのプール、泳げない、4歳という年齢という面でも

 

私個人の意見としては、おススメはしません!(><:

 

子どもが溺れるのは一瞬です。

目を離すことはないという前提でも

親の判断で使用するかどうかは、しっかり決めたほうが良いでしょう。

 

アームリングはいつまで?4歳児でも大活躍でした♪

 

今回、浮き輪よりも不安だったのがアームリングです。

買ってもつけないかなぁと思っていたのですが

 

アームリング、非常に役に立ちました!!

 

アームリングは何歳まで必要なのか…

調べてみると明確な年齢制限などはありませんでした

サイズ自体は

1~3歳用、4~6歳用と分かれているものもありました。

 

 

最初のほうは、

 娘ユメ
これやだ!つけたくない!!

 

と、嫌がっていた娘ですが

いざ、アームリングで泳いでみると

●自由さ

●溺れなさ

●浮き輪よりも泳いでいる感じがする

 

そのスリルさ!?に夢中になっていました(笑)

 

最後のほうは、

 娘ユメ
浮き輪いらない!!

 

と、アームリングだけで泳いでみたりと

遊びも広がり、購入してよかったなと感じました。

 

そして、子どもがつけるのを嫌がった場合

大人が持って泳いでも、ビート版変わりになって楽しかったです。

 

浮き輪と比べて、

 

ひっくり返っておぼれたり

 

浮き輪から落ちてしまう心配もないので、

 

アームリングをしているだけで安心して見守ることができました。

 

もし、初めてのプールで溺れたりすることが不安な場合

我が家のように

浮き輪とアームリング、二つを用意するのもおススメです!

 

Augymer浮き輪 アームリン2個セット 腕浮き輪 大人用 暑さ対策 子供用 スウィング補助具 水泳用品 海やプールで楽しさ倍増 大きいうきわ おしゃれな乗り物 海 プールアウトドア 海外セレブ SNSインスタで活躍 スイミング道具 プールデビュー用 浮具
AUGYMER

 

まとめ

 

浮き輪とアームリングのおススメを紹介しましたが

 

一番大切なことは

 

●大人が子供から目を離さない

●一人にさせない

 

ということが非常に大切です。

 

予測のつかないことをばかりを子供はするものなので

目は離さず、便利な道具をつかって楽しく水遊びを満喫したいですね!

参考になりましたら、嬉しいです!

 

スポンサードリンク

おすすめの記事