スポンサードリンク

季節も寒くなり、インフルエンザや風邪が気になる季節になってきましたね。

娘の通う幼稚園でも熱はでないものの咳が長引く…という子もチラホラ。

 

そんなとき、子どももマスクをしてくれたらなぁと思うことはありませんか??

 

「風邪やインフルエンザをもらわない」という病気予防のためもありますが

「他の子に病気をうつさない」ためにも

 やはり集団生活の場に通うということになれば、気になってくる点ですよね。

 

でも幼児といわれる年齢の子供たちは、

マスクの嫌がりっぷりがひどいです…

我が家の娘も、マスクはほぼつけてくれません…

 

ですが、今まであの手この手でなんとかマスクをつけてくれる日も増えてきました。

その方法3つ、これから紹介していきますね。

 

スポンサードリンク

①お気に入りマスクを選んでもらおう!おススメはキャラクター系マスク

 

親の好みで買ってきたマスクはまずつけてくれません!!

 

娘ユメ
これ、やだ!!!

 

と一度でも言われてしまうと、

なかなか説得には応じてくれないイヤイヤ&反抗期な幼児たち。(うちだけ?^^;

 

それならば・・・いっそ選ぶがいい!

 

ということで、マスクを自分で選んでもらうと

娘ユメ
お咳でてるから、マスクつけたいー!!

 

とつけてくれる頻度がアップします。

 

おススメなのはキャラクター柄のマスクです。

ダイソーなどの100円ショップにも色々な可愛い柄の子供用マスクが販売されています。 

↑我が家ではこちらをストックしています。

 

100円ショップにはありませんが

薬局などでも販売されている

ディズニープリンセス柄のマスクが、うちの娘はお気に入りです。

他にも色々なキャラクター柄のマスクや、1~3歳の小さいな子向けのマスクもあります。

ちいさな立体マスク アンパンマン 3枚入
バンダイ(BANDAI)
 

 

ただ、大好きなキャラクター柄のマスクは

咳も出ていないお家遊びの日にもマスクをつけたい!!と

やたらつけたがるというデメリットもあります。

マスクが無駄になっていしまわないためにも

こっそり買っておいて、いざというときのために

隠しておくのもおススメかもしれません。

②マスクにイラストを描いてみよう!

 

 無地のマスクしかない…というときも大丈夫です!

 

子供の大好きなキャラクターをかいてあげたり

キャラクターでなくても、口をかいてあげるだけで、

鏡をみて大喜びしてつけてくれる場合もあります!

簡単なイラストでも子どもはとても喜んでくれますので

朝の急いでいるときにも、サッと試すことができますよ!

 

③マスクを手作りしてみよう

 

少し手間はかかりますが、 子供用にガーゼマスクを手作りしてみませんか?

何度も洗って使えるのでコストパフォーマンスとしては優秀です!

 

私はバザーの提供品の作成ついでに、多めに作っておいて

母うたたね
ママが作ったんだけど、よかったらつけていく??

 

と言ってみたところ

 

これが大喜び!!

幼稚園でも一日つけてくれていたようです。 

 

また、布もすべて100円ショップのダイソーで買ったものです。

時間はかかりますが、100円ショップにもキャラクターの布はたくさん販売されているので

子供に布を選んでもらいお気に入りのマスクをつくる方法もおススメです!

 

【まとめ】マスクは少しずつ慣らしていこう

 

マスクって、息苦しく感じてしまうことはありませんか?

大人でもそういう感覚があるので、小さな子ではなおさら息苦しいかもしれません。

また外で遊んでいるときは特に、遊びにくく暑くていやだ!!といわれることも多いです。

 

親としては、ずっとマスクをつけていてほしいと思いますが

そこはあまり無理強いはせず

言葉がわかる年齢であるならば

母うたたね
病院にいくから、その間だけ頑張ってマスクしてみようね

 

とか

母うたたね
人が多いから、今だけマスクして~~!!

 

などなど

短い時間からつけれるように少しずつマスクに慣れるようになってくれたら…

と私は考えています。

 とはいっても本当になかなかマスクをつけてもらうのは至難の業なので…(^^;)

世のお母さん、お父さん、一緒にがんばりましょう!!

 

スポンサードリンク

おすすめの記事