スポンサードリンク

先日、4歳の娘が何度目かの高熱を出しました。

39度の熱が3日くらい続いた後、ようやく解熱。

無事平熱になり、よかったなぁと思っていた矢先…

 

母 うたたね
ん!?なんか熱下がりすぎじゃない!?

 

 

熱が下がって、平熱になった次の日から

気づけば平熱の36.7度をどんどん下回り、35度後半…

 

まぁそんなこともあるよねぇ~と思っていたら

 

次の日の夜中には34.4度…

 

見たこともない体温計の数字にさすがに怖くなり

 

どうしよう…!!と慌てることがありました。

 

 

スポンサードリンク

子供が発熱後に低体温になる理由

 

その後、夜中に34度代まで下がってしまった娘ですが、

翌朝には35度後半~36度前半に戻り、

特に変わった様子もなく元気だったので

病院は受診はせず様子を見守ることにしました。

 

結果、

低体温になって3日後くらいには、平熱にもどりました。

 

調べてみると、

発熱のあとに体温が一時的に低くなることはよくあるようです。

 

子供は体温調整が未熟なので、

数日間高熱が続いた後は体が体温を下げすぎてしまい

低体温になりやすいといわれています。

 

うちの娘も、解熱後もずっと「暑い、暑い」と異様に一日中汗をかいていて

見るからに体温調整がうまくいっていないようでした。

 

また、嘔吐や下痢が続いたときも低体温になりやすいようです。

 

低体温で受診したほうがいい目安は?

 

発熱後に低体温になってしまった場合、2,3日で平熱に戻ることが多く

心配なことはあまりないようですが

  • 35度以下の体温が数日続き、あたためても体温の上昇がみられないとき

  • 元気がなく、ぐったりしていたり機嫌が悪いとき

  • おしっこの量が減っているとき

このような場合や、

自分で判断に迷う場合など、

一度病院を受診したほうがいよいでしょう。

 

まとめ

 

高熱の後、汗をかいて平熱に戻ることは知っていましたが、

まさか、熱が下がりすぎて心配することになるとは思いませんでした(^^;)

 

子供の体調不良にまだまだ振り回されてしまう新米ママですが

今後もしっかり、様子を見守っていきたいと思います。

スポンサードリンク

おすすめの記事