スポンサードリンク

だんだんと寒くなってきて

インフルエンザや風邪が気になる季節になってきましたね。

我が家の娘ユメも、現在何度目かの風邪を引いています…。

 

病院に行くことも大切ですが、

この季節の小児科って本当に混みますよね…

待ち時間も長く、新しい病気をもらってくることも少なくありません。

 

夜も眠れないくらい咳がひどいときや、

熱が出てしまったときは、病院へも行きますが

熱もなく軽い鼻水や咳程度なら、家で様子をみることも多いです。

 

そんなとき我が家で大活躍してくれるのが、電動の鼻水吸引器です!

 

子育て中に一度は電動の鼻水吸引器を買おうかな…

と悩んだことはありませんか?

 

母うたたね

使ってみたいけど…

 

安くない金額だし…

 

耳鼻科で鼻水を吸ってもらえれば問題ないし…

 

なにより吸引を嫌がったらお金の無駄…

 

などなど、私自身もたくさん悩みました。

結局悩みすぎて

娘が3歳のときにようやく購入しましたが

 

今では

 

何でもっと早く買わなかったんだろう!

 

というくらい重宝しています!

 

我が家はまだ比較的安価だった

こちらの電動鼻水吸引器「メルシーポット」を購入しました。

 

そして今年の夏休みの帰省中に

娘が風邪を引いてしまったことをきっかけに

持ち運びしやすい「ベビースマイル」も購入しました。

 

電動鼻水吸引器についてよく聞く疑問点を、

 実際使ってみたうえで私なりにまとめてみましたので

 

少しでも検討するきっかけになれば幸いです!

 

スポンサードリンク

電動鼻水吸引器のココが知りたいQ&A

口で吸う鼻すい器で十分なのでは?

我が家もメルシーポットを購入する3歳までは

口で吸うタイプのものを使っていました。

お値段も手ごろで、使い方も非常に簡単ですが

これで子供の鼻を吸った後は

私の喉が痛くなってしまうことが多く

酷い時は風邪をもらうことがありました。

 

そんな苦労をしたのに

思うようにしっかりは吸えないことも多く…

 

吸う時間が長くなると子供も嫌がってしまい
だんだんと、使うことが減ってしまいました。

 

子供が嫌がったらどうしよう

確かにメルシーポットを最初に使うとき、うちの娘も嫌がっていました。

 

それなりに大きな音はしますし、
鼻を吸われること自体、子どもは嫌がりますよね。

 

メルシーポットの説明書にも記載されていますが
そんなときは

一度大人が見本として、吸ってあげることをおススメします!

 

娘も最初は怖がっていましたが、

鼻水を吸ってスッキリすることがわかると

今では自分から吸いにくることもあります。

 

また、口で吸うタイプのものよりも、

短時間で吸うことができるので

そこまで子供も苦痛ではないかもしれません

 

自分で鼻をかめるようになったら必要ない?

鼻がかめるようになっても、全然使えますよ!!

 

うちの娘は自分で鼻をかむこともできますが

まず鼻をかみたがりません!

基本的に、でてきた鼻水をティシュッでサッと拭くくらいです(^^;)

 

「チーンしてっ!」と
大人が補助をすればかんでくれますが

 

粘々した鼻水の場合や奥にある鼻水までは取れないので

 

鼻水がひどいときは、やはりメルシーポットが大活躍しています。

 

メルシーポット自体、

何歳までという気まりはなく

赤ちゃんから大人まで幅広く使えるので

 

今後も長く使っていけたらと考えています。

 

もっと手軽に試してみたい!

そんなときは、我が家も購入した

ハンディタイプの電動鼻水吸引器がおススメです。

 

吸引力でいえばメルシーポットのほうが上ですが
(メルシーポットを先に購入していたので、物足りなさはあります^^;)

持ち運びにも便利ですし

サラサラした鼻水ならこちらもよく吸えます!

 

メルシーポットより安く購入(4000円以内)できるので
一度使ってみたい!というときにおススメですよ。

 

どれくらいの頻度で利用すればいいの?

あまり頻繁に吸いすぎてしまうと、

鼻の粘膜を傷つけてしまうこともありますので
頻繁に吸うのはやめておきましょう。

 

あくまで我が家の場合ですが

●朝起きたとき

●日中に一度(ひどい場合)

●お風呂上り

●夜寝る前

と、吸引しています。

特に、

お風呂上りは鼻が加湿されて鼻水が出やすくなっているので

吸いやすくておススメです♪

また、寝る前に吸ってあげると
夜もぐっすり寝てくれることも多いです

 

まとめ

 

いかがでしたか?

これからの季節、風邪の予防のためにも

実用的な出産祝いにも

 

おススメの一品ですよ!

 

スポンサードリンク

おすすめの記事